宇宙工学(うちゅうこうがく、(英: astronautics、cosmonautics)は、宇宙開発を行うことに関連した工学の一分野である。地球の大気の外側を飛行するための理論および技術であり、言うなれば、宇宙飛行の科学技術である。 最近では宇宙工学は、航空工学とともに航空宇宙工学という領域をなしている。航空工学と宇宙工学は実際上重なっている領域が非常に多く、それらを分けて考えるのも作為的で不適切な面もあるので、航空宇宙工学として統合されており、学会や大学の学部なども「航空宇宙工学会」や「航空・宇宙工学科」などという名称になっていて、その中で2大柱のひとつとして宇宙工学が扱われる形になっていることが一般化してきているのである。

宇宙工学[工学] 電子書籍の人気ランキング20

3  チャーリィ 古庄(チャーリィフルショウ)

ちょっと自慢できる ヒコーキの雑学100

ちょっと自慢できる ヒコーキの雑学100
商品価格:¥1,650
商品説明:[この電子書籍は固定型レイアウトです。リフロー型と異なりビューア機能が制限されます]固定型レイアウトはページを画像化した構造であるため、ページの拡大縮小を除く機能は利用できません。また、モノクロ表示の端末ではカラーページ部分で一部見づらい場合があります。 全国のヒコーキファンにおくる ヒコーキ好きのための豆知識が満載! ヒコーキには夢が詰まっている。 ほんの数時間、機上の人となるだけで、文化も風習も日本とはまったく異なる地へと運んでくれるからだ。
8  小泉宏之(コイズミヒロユキ)

人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門

人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門
商品価格:¥1,980
商品説明:[この電子書籍は固定型レイアウトです。リフロー型と異なりビューア機能が制限されます]固定型レイアウトはページを画像化した構造であるため、ページの拡大縮小を除く機能は利用できません。また、モノクロ表示の端末ではカラーページ部分で一部見づらい場合があります。 宇宙旅行がいよいよ現実に! 宇宙に行くために知っておくべきこと、ここにあります 民間の宇宙旅行予約が開始され、宇宙がますます身近になってきたこの頃。
9  アンドリュー・レーダー(アンドリューレーダー)

越境と冒険の人類史:宇宙を目指すことを宿命づけられた人類の物語

越境と冒険の人類史:宇宙を目指すことを宿命づけられた人類の物語
商品価格:¥3,850
商品説明:アフリカを出た人類が宇宙移住をもくろむまでの歴史をたどる 壮大な歴史ノンフィクション! 人類は、私たちの祖先がアフリカから足を踏み出したときから 生存と繁栄のために冒険の旅を続けてきた。 そしていま、冒険の最前線は宇宙になった。 本書はSpaceXの宇宙工学者が最新の研究成果を交えて「未知の世界」に挑み続けてきた人類の歩みを描くユニークな歴史ノンフィクション。 人類史が宇宙開発の未来図と結びつく稀有な一冊! なぜ地球から宇宙へと旅する必要があるのかと尋ねるのは、私たちの先祖に、 なぜアフリカ大地溝帯という境界から外へと出て行くべきなのかと尋ねるのと同じだ。
10  永崎将利(ナガサキマサトシ)

小さな宇宙ベンチャーが起こしたキセキ

小さな宇宙ベンチャーが起こしたキセキ
商品価格:¥1,650
商品説明:こんなあなたに読んでほしい!! ●新しいことをやりたいけど、踏ん切りがつかない。 ●失敗続きで自信をなくしている。 ●任された仕事にプレッシャーを感じる。 ●人間関係がうまくいかず悩んでいる。 ●思うように結果が出せない。 この本は、 「スターウォーズ」すら見たことがない 宇宙知識ゼロのド文系ベンチャー社長が 「誰もやったことがない仕事をする!」という思いだけで、 日本初の「宇宙商社」を作り、 社員3人から始めてたった3年で NASA やJAXAと 協業までしてしまった実話をベースにした小説です。
12 

はやぶさパワースポット50

はやぶさパワースポット50
商品価格:¥1,200
商品説明:日本全国、また世界の随所に、小惑星探査機「はやぶさ」を成功に導いた鍵となる場所が存在する。「はやぶさ」を実現させ、成功に導いた数々のゆかりの場所。そこはいわば、「はやぶさ」パワースポットと言える。本書では、それらのパワースポットを詳細に案内している。加えて、宇宙研・JAXAを応援し、またともに歩んだ地元自治体や商工会議所の協力により、地域のゆかりの名品・名産も折りに触れて紹介した。
15  テトラ・アビエーション技術書典部(テトラアビエーションギジュツショテンブ)

飛んでいこ

飛んでいこ
商品価格:¥1,760
商品説明:空飛ぶクルマを開発しているテトラ・アビエーション株式会社のエンジニア有志が知見を持ち寄った合同誌です。OpenVSPやKiCADといったハードウェア面だけでは無く、ディープラーニングといったソフトウェア面のテーマも掲載しています。 【目次】 第1章 飛行機を作るスタートアップ、社宅を2軒立ち上げる 第2章 MVVMでプログラムを書いてみた 第3章 "OpenVSP"を使ってヒコーキをデザインしてみよう 第4章 KiCADでIMUのbreakout基板を作った話 第5章 自作CAN搭載Arduino互換ボードCANdinoでI2CtoCAN interfaceを作ってみた 第6章 Dockerで快適なDeep Learning環境構築! 第7章 PlatformIOはいいぞの話 。
関連ジャンルから探す
人気キーワードから探す
電子書籍動画

KindleとKoboどっちがいいの?【電子書籍サービス/リーダー端末比較】  Rebecca Miyama / ミヤマレベッカ

紙の本 VS 電子書籍、頭に残りやすいのは意外にも…  メンタリスト DaiGo

紙の本と電子書籍どっちがいいの?DaiGoが答えます!【メンタリストDaiGoの切り抜き動画】  DaiGoの知識[メンタリストDaiGo切り抜き動画]

【岡田斗司夫】貧乏人が電子書籍を買うようになる理由。電子書記の値段について岡田斗司夫が語る【岡田斗司夫切り抜き/電子書籍/ホリエモン】  わかりやすい岡田斗司夫のはなし【切り抜き】

【知りたくなかった】Kindle出版の厳しい現実。電子書籍作成・出版に挫折しない為に必要なコトとは?電子書籍はこれからどうなるのか?Kindle著者として長く続け成功する方法を解説  『電子書籍 出版 チャンネル』コウ

関連サイト

PAGE TOP