日本史(にほんし) 日本の歴史については日本の歴史参照。 テレビ番組『日本の歴史』については日本の歴史 (テレビ番組)参照。 日本の歴史を研究対象とする歴史学の分野「日本史」については日本史学、日本歴史学、日本史学史参照。 高等学校の教科「日本史」については日本史 (科目)参照。 ルイス・フロイスの著書『日本史』についてはフロイス日本史参照。

日本史[歴史] 電子書籍の人気ランキング20

1  波多野聖(ハタノショウ)

ディープフィクサー 千利休

ディープフィクサー 千利休
商品価格:¥836
商品説明:戦国の世に、茶の湯を完成させた千利休。だが、この男、ただの茶人ではなかった。茶室を社交場に人脈を築き、芸術家としての審美眼で武将達の器を見抜く。美しい茶器と所作によって人々を魅了し、煌びやかな茶会で天下泰平のビジョンを世間に見せつける。豊臣秀吉の陰の軍師として活躍した利休にとって、茶室は、いつも戦場(ビジネスの場)だった。
2  童門冬二(ドウモンフユジ)

武田信玄の人間学

武田信玄の人間学
商品価格:¥660
商品説明:幼少のころより軍学書を好んで読み、長じては父・信虎を国外追放にして実権を握る。生涯にわたって常に自己を変革しつつ、戦国の乱世を強烈に生き抜いた、甲斐の名将・武田信玄。複雑で尽きないその人間的魅力の秘密を、具体的なエピソードに即しつつ、現代の視点で鮮かに解明する。人の心を惹きつけたその独特な人生観、発想法、人の育て方、統率力……。「童門流」歴史人間学の真髄。
3  氏家幹人(ウジイエミキト)

性なる江戸の秘め談義

性なる江戸の秘め談義
商品価格:¥748
商品説明:江戸時代における恋と情事と結婚の風景をおさめた、性なる随筆。妻たちの不義密通、たぎる性欲と 禁手淫 に悩んだエリート少年の告白、武士が男色を好んだ理由、廓に通う美熟女の楽しみ、江戸の美男美女の条件など。書き下ろし2本収録。
4  日本博学倶楽部(ニホンハクガククラブ)

日露戦争・あの人の「その後」

日露戦争・あの人の「その後」
商品価格:¥550
商品説明:日露戦争開戦100年にあたる今年。日露戦争は、小説の世界だけではなく、テレビや雑誌など、様々なメディアで取り上げられ、ちょっとしたブームになっている。その中で、必ず取り上げられるのが英雄たちの軌跡。東郷平八郎の決断、児玉源太郎の鬼謀、秋山真之の洞察力など、大国ロシアを相手に一歩も譲らず、日本に勝利をもたらした男たちの活躍は、現代に生きる私たちに大いなる勇気と感動を与えてくれる。ところが「その後、彼らは一体どうなったの?」と聞かれると、意外と答えに困る人も多いはず。
5  川田稔(カワダミノル)

満州事変と政党政治 軍部と政党の激闘

満州事変と政党政治 軍部と政党の激闘
商品価格:¥1,595
商品説明:激闘86日。万策尽き政党政治は終焉した。従来考えられていた以上に堅固だった戦前政党政治が、なぜ軍部に打破されたのか。そこには陸軍革新派による綿密な国家改造・実権奪取構想があった。最後の政党政治内閣首班、若槻礼次郎の「弱腰」との評価を覆し、満州事変を画期とする内閣と軍部の暗闘が若槻内閣総辞職=軍の勝利に至る86日間を、綿密な史料分析に基づき活写する。(講談社選書メチエ)
6 

日本の妖怪完全ビジュアルガイド

日本の妖怪完全ビジュアルガイド
商品価格:¥1,100
商品説明:日本の妖怪を美麗なイラストで 大胆に書き下ろした妖怪ビジュアル大図鑑! ! 北海道から沖縄までの各地域に伝承する 人気の妖怪から伝説の古典的な妖怪まで 150種類以上を全項フルカラーによる構成で網羅しています。 それぞれの妖怪をパラメータ化して徹底解説。 昔の人たちが描いた妖怪の絵もたくさんあって 歴史的資料性の高い内容に仕上げました。 それぞれ妖怪の昔話、逸話や言い伝えも掲載しており 子供だけでなく、大人も見て読んで楽しめる作りです。
7  川島貴敏(カワシマタカトシ)

日本刀と日本人

日本刀と日本人
商品価格:¥704
商品説明:日本刀は単なる武器ではない。日本人の心を表象する日本文化の真髄である。日本刀に魅せられ、刀剣商となった著者が語る、「日本人が知らない」日本刀の魅力と、日本刀を通して知る“本当の日本”とはーー。 古くから日本刀は御守り刀として、親から子へ、主君から臣下へ、そして花嫁の父親から娘への結婚のお祝いとして贈られてきた。天皇の皇位の印である三種の神器が、鏡と玉と剣であることもよく知られている。 現在、日本に存在する国宝1100点あまりのうち、 約1割にあたる110点ほどが日本刀だ。
8  星亮一(ホシリョウイチ)

伊達政宗 秀吉・家康が一番恐れた男

伊達政宗 秀吉・家康が一番恐れた男
商品価格:¥1,540
商品説明:戦国乱世に名を轟かせた奥州王・伊達政宗の挑戦的生き様をストーリー仕立てで描く評伝。群雄割拠の戦国時代、米沢の地に生を受けた政宗は、病により右目を失いながらも抜群の知力と胆力、カリスマ性で頭角を現す。しかし、全国制覇を目指し快進撃を続ける政宗の前に、太閤・豊臣秀吉が立ちはだかる。そして家康亡きあと、天下取りも可能だった政宗。難局に直面しても、決してひるまず諦めない“独眼竜”政宗は、やがてスペイン艦隊との連携において悲願達成への活路を見出さんとする…… 。
9  木村太郎(キムラタロウ)

ディア・グロリアー戦争で投函されなかった250通の手紙ー

ディア・グロリアー戦争で投函されなかった250通の手紙ー
商品価格:¥1,320
商品説明:日米開戦から70年の時を経て、80歳の姉の家から見つかった45冊のノート。それは幼少期を過ごした米国での友人グロリアへ向けて書き続けた、手紙仕立ての日記だった。自由を満喫できた「敵国」に思いを馳せつつも連日の空襲に苦しむ日々……。戦後は戦犯裁判の通訳を務めた姉の人生をジャーナリストの著者が綴った感動の記録。
10  芝哲夫(シバテツオ)

適塾の謎

適塾の謎
商品価格:¥1,155
商品説明:※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 緒方洪庵の人間像と蘭学塾をめぐる隠れた事実。新しい知を求める若者と師の営み、悩み、努め、夢を追う師弟の生身の姿が史料から読み取れる。今揺れ動くこの国の生命、倫理、社会、教育などに応えられる史実がある。
11  小山仁示(コヤマヒトシ)

改訂 大阪大空襲 大阪が壊滅した日

改訂 大阪大空襲 大阪が壊滅した日
商品価格:¥1,870
商品説明:※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 太平洋戦争末期、米軍による大阪空襲の全容(初期空襲から終戦前日の最後の大空襲に至るまで)を、米軍資料や大阪府警察局にあった極秘文書等の新発見の資料をつきあわせ、被災者の証言等も加えて初めて解明する。地名と施設名の索引を付す。
12  渡辺惣樹(ワタナベソウキ)

日本開国 アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由

日本開国 アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由
商品価格:¥880
商品説明:捕鯨は口実だった。 米側史料を本格的に取り上げ、開国のシナリオを作った関係者の動きを点描。米国の東アジア戦略(対日・対中)の原型を示した「新・開国史」!
13  日本博学倶楽部(ニホンハクガククラブ)

歴史人物スクープ91

歴史人物スクープ91
商品価格:¥570
商品説明:東京は上野の山に犬を連れて、堂々たる体躯で、下界を見下ろして立つ西郷隆盛の銅像。この西郷さんの銅像を制作した人物は、西郷さんの肖像画を資料として使い、それに似るように顔の表情などを刻んだのだという。ところが、である。じつは、かつてその銅像制作の資料となった肖像画を見た西郷さんの未亡人は、「まったく似ていない」と冷たくいったとか。西郷さんと言えば、頬豊かにして、どんぐり眼に太い眉、というのが一般のイメージだが、それは「似ていない」と未亡人が評価した肖像画のイメージである…。
14 

藤原行成「権記」全現代語訳(上)

藤原行成「権記」全現代語訳(上)
商品価格:¥1,595
商品説明:『権記』は、平安中期、九条流藤原氏の嫡流で三蹟の一人と称される藤原行成の日記である。青年期は不遇であったが、長徳元年(九九五)、蔵人頭に抜擢されて以降は、一条天皇や東三条院、藤原道長の信任を得、側近の能吏として順調に累進してゆく。日々の宮廷の政治・儀式・秘事が細かく記され、貴族の多忙な日常が見える第一級史料、初の現代語訳。
15  橋場日月(ハシバアキラ)

<戦国時代から江戸時代へ>剣豪・宮本武蔵生き場所を失う

<戦国時代から江戸時代へ>剣豪・宮本武蔵生き場所を失う
商品価格:¥105
商品説明:剣一本で動乱の時代を生き抜いた豪傑・宮本武蔵。剣術が必要とされた戦国時代こそ重宝されたが、豊臣秀吉、徳川家康らが天下を治めると状況は大きく変わる。武蔵をはじめとする武芸に秀でた者たちは泰平の世で孤立してしまうのであった。
16  関裕二(セキユウジ)

新史論/書き替えられた古代史2 神武と応神「祟り王」の秘密(小学館新書)

新史論/書き替えられた古代史2 神武と応神「祟り王」の秘密(小学館新書)
商品価格:¥550
商品説明:初代神武と15代応神天皇は同一人物だった。 いよいよ歴史時代に入る。 天皇はいつから始まったのか?通説は「2人のハツクニシラス、つまり初代神武と10代崇神は同一人物で、天皇家の歴史を古く見せたいがために、神武を今から約2670年前にもっていった」とする。しかしこの「新史論」は「神武と崇神は同一人物ではなく、神武と同様に九州から上ってきた15代応神こそが同一人物だった」と見る。なぜなら神武と応神は「祟り王」だが、崇神は「祟られた王」だからだ。
17  山岡鉄秀(ヤマオカテツヒデ)

日本よ、情報戦はこう戦え!

日本よ、情報戦はこう戦え!
商品価格:¥1,760
商品説明:【緊急提言】このままでは、国の誇りは守れない! オーストラリアの「慰安婦増設置」を阻止したキーマンが中韓の嘘を暴き国際情報戦に“勝つ”方法を伝授する
18  本郷和人(ホンゴウカズト)

「違和感」の日本史

「違和感」の日本史
商品価格:¥968
商品説明:中世から近代までの通説に 「そんなバカな! 」 人気歴史学者が“威勢のいい学説”を疑う ●江戸期の鎖国は噓? ●秀忠が天皇に激怒? ●信長は英雄ではない? 島国であることが歴史の形成に大きな影響を与えた。 だからこそ、外交を考えることがとりわけ重要になります。 ぼくが「江戸時代の日本は鎖国していなかった」とする 最近の近世史の解釈に執拗に疑いをもち、 批判せざるを得ない理由がそこにあるのです。(本書より) 歴史は疑問に満ちている 〈主な内容〉 第1章 江戸時代に鎖国はなかったのか 第2章 2代将軍が天皇に激怒の「違和感」 第3章 信長の「天下」とは京都周辺だけか 第4章 なぜ西郷どんは大隈重信を嫌うのか 第5章 「男と女」の立ち位置の行方 第6章 天皇をめぐる歴史の謎 第7章 夏目漱石のワケありな門人たち 第8章 人物を語らない歴史研究でいいのか 。
19  井上寿一(イノウエトシカズ)

日中戦争 前線と銃後

日中戦争 前線と銃後
商品価格:¥1,100
商品説明:1930年代、社会システムの不調は盧溝橋事件発生へと至った。目的なきまま拡大する戦いの中、兵士たちは国家改造を期し、労働者や農民、女性は、自立と地位向上の可能性を戦争に見い出す。大政翼賛会の誕生はその帰結であった。前線の現実と苦悩、社会底辺の希望を、政治はいかにうけとめ、戦争が展開したか。統計資料から雑誌まで多彩な史料で当時日本の実像を浮かび上がらせ、日中戦争とは何だったのかを問う、著者渾身の一冊。
20  金谷俊一郎(カナヤシュンイチロウ)

スイスイ身につく日本史

スイスイ身につく日本史
商品価格:¥1,320
商品説明:東進ハイスクールのカリスマ講師・金谷の特別講義! 推理小説の謎解きみたいに、複雑な歴史の「なぜ」と「流れ」が頭に入る! ●「万世一系」とは藤原不比等が自分の孫を天皇にしたいためにつくった論理 ●なぜ武士は征夷大将軍の地位をほしがったか? ●鎌倉幕府は全国を統一したわけではなかった ●足利尊氏は裏切り者だった ●戦国時代の実態は資源の奪い合いだった ●坂本龍馬が目指したものを一言で言うと? ●自由民権運動は庶民のための運動ではなかった! ・・・など、つい誰かに話したくなる裏話・知識が満載! 。
関連ジャンルから探す
人気キーワードから探す
電子書籍動画

KindleとKoboどっちがいいの?【電子書籍サービス/リーダー端末比較】  Rebecca Miyama / ミヤマレベッカ

iPad mini 6 を電子書籍リーダーとして使って感じた、Kindle Oasis / Paperwhiteとの比較レビュー  MiD'S LIFE

Kindle?iPad?電子書籍最強端末は何か?  KAZUYA Channel 5D's

第17回 【必ず得する!】本棚を捨てるべき3つの理由と、おすすめ電子書籍リーダー【貯める編】  両学長 リベラルアーツ大学

電子書籍に切り替えるべき理由【iPadよりKindle】  ガジェサラ

関連サイト

PAGE TOP