哲学・思想[人文・思想・社会] 電子書籍の人気ランキング20

1  渡辺京二(ワタナベキョウジ)

原発とジャングル

原発とジャングル
商品価格:¥1,650
商品説明:原発に象徴されるのは現代の科学物質文明で、ジャングルに象徴されるのは物質文明に侵されていない民の生活。ジャングルの民は豊かではないが、共同体の信頼のもと朗らかに暮らしている。文明か未開か、進歩か後退か、という二元論ではなくて、便利さや科学の進歩を肯定しながら、真の仲間を作ることが可能か。 近代の意味を様々な角度から考えてきた著者が、エヴェレット『ピダハン』、カルロ・レーヴィ『キリストはエボリに止まりぬ』、ハンナ・アーレント『人間の条件』など、さまざまな書物をひもときながら、近代の普遍的な問題を問う。
2  尚(ナオ)

神様からのギフト

神様からのギフト
商品価格:¥1,430
商品説明:作家・佐藤愛子先生も太鼓判! 「私は尚さんを信じます。霊能者は無欲の人でなければならないからです」 口コミだけで2000件! 「会いに行ける霊能者」として話題の尚さんの著書が、いよいよ発売! お金・人間関係・仕事・お金・健康……悩みや不安は尽きないものです。 でも、実は、悩みや不安の中に、あなたが幸せになるヒントが隠されています。 「こんなに、大変な思いをしているのに?」 そう思う人も多いでしょう。
3  大澤真幸(オオサワマサチ)

資本主義のパラドックス ーー楕円幻想

資本主義のパラドックス ーー楕円幻想
商品価格:¥1,265
商品説明:近代社会存立の仕組みには、自己否定へ導くダイナミズムが潜んでいる。本書では自身の中に他者を孕むその様を、二つ焦点(=中心点)をもつ楕円になぞらえ、近代の本性に迫る。他者という存在に投資することで初めて成り立つ資本制の構図を明らかにし、その起源を錬金術に求めた。近代の萌芽から帰結まで様々な題材を議論することで、我々の社会の有様を示す。現代社会の問題に真摯に向き合いつつその行く末を論じる、著者の多層的見識が十全に発揮された意欲的論考。
4  広田照幸(ヒロタテルユキ)

陸軍将校の教育社会史(下) ──立身出世と天皇制

陸軍将校の教育社会史(下) ──立身出世と天皇制
商品価格:¥1,155
商品説明:陸軍将校もまた、生身の人間だった。日本における天皇制と教育との関わりとはどのようなものであったのか。満州事変から太平洋戦争へと至る、戦時体制の積極的な担い手はいかなる存在であったのか。旧軍関係者への聞き取りを行うとともに、旧軍文書や文学評論、生徒の日記など膨大な史料を渉猟し、その社会化のプロセスをつぶさに浮かび上がらせる。下巻には、「第2部 陸士・陸幼の教育」第3章から「結論 陸軍将校と天皇制」までを収録する。
5  熊野英一/杉山錠士(クマノエイイチ,スギヤマジョウジ/クマノエイイチ,スギヤマジョウジ)

急に「変われ」と言われても ~「この先どうすれば?」が解決する、先駆者たちの言葉~

急に「変われ」と言われても ~「この先どうすれば?」が解決する、先駆者たちの言葉~
商品価格:¥1,485
商品説明:先行き不安な時代を、あなたはどう生きるか。 突然、世の中がガラッと変わり、「自分も変わらなきゃ」と感じている人も多いと思います。だけど急に「変われ」と言われても、どうするのが正解かわからなかったり、会社や学校などの環境がそれを許さなかったりして、モヤモヤしている人も多いでしょう。本書は、そんな漠然とした不安や焦りを抱いている人に勇気を与えてくれます。2人の編著者が、リスペクトする6人の先駆者ーー前野隆司氏(幸福学のスペシャリスト)、田中靖浩氏(オリジナリティあふれる公認会計士)、林田香織氏(パートナーシップのスペシャリスト)、藤田一照氏(曹洞宗僧侶)、副島賢和氏(病弱教育のスペシャリスト)、三谷宏治氏(KIT虎ノ門大学院 教授、著述家)ーーに、これからの生き方のヒントを聞き、それを一冊にまとめました。
6  野中根太郎(ノナカネタロウ)

全文完全対照版 菜根譚コンプリート

全文完全対照版 菜根譚コンプリート
商品価格:¥2,750
商品説明:儒教・仏教・道教を融合させて、市民の処世術を説いた「菜根譚」。 約400年前に中国で誕生したこの書は、経営者や政治家に好まれ、むしろ中国より日本で愛されてきました。 「つらいことがないと人は成長しない」 「本物は目立たない」 「何事もほどほどにして、欲をかきすぎない」 「他人から感謝の見返りを求めない」 「恩と仇は水に流すのが最善である」 現代でも十分に通じる市井の哲学ともいえるこの書は、書名のとおり、じっくり噛みしめてこそ味わいが心身に染みわたります。
7  西東社編集部(セイトウシャヘンシュウブ)

毎日がポジティブになる! 元気が出る言葉366日

毎日がポジティブになる! 元気が出る言葉366日
商品価格:¥200
商品説明:★★今日のポジことば発見!★★ 大好評の社刊『必ず出会える!人生を変える言葉2000』の第二弾!! 今回は「一年全力」にこだわり、一年366日の誕生日または命日の方にまつわる「言葉」をピックアップ! 全ページがオールカラー&写真付き。心に残る言葉と解説がついてこの価格という最高のコストパフォーマンスを実現しました。 日本や海外の偉人、経営者から作家、芸術家、マンガ家、アスリート、歌手、タレントなど幅広い人たちの、心に響く言葉を紹介します。
8  小林敏明(コバヤシトシアキ)

再発見 日本の哲学 廣松渉 近代の超克

再発見 日本の哲学 廣松渉 近代の超克
商品価格:¥880
商品説明:「唯物論」とは、たんに物質という実体に依拠して論を立てることではない。廣松はそれを「唯物論(ただものろん)」と呼んで、厳しくしりぞける。まず物と物があって、その間に関係が成り立つのではない。まず関係があって、そこから、物が出来てくるのだ。ここに廣松哲学の真髄がある。(講談社学術文庫)
9  久木田純(クキタジュン)

東ティモールの現場からー子どもと平和構築ー

東ティモールの現場からー子どもと平和構築ー
商品価格:¥660
商品説明:ある国連職員の東ティモールでの仕事と生活 紛争直後の東ティモールで子どもたちの命を守り、環境改善を支援するには多くの難問があった。 でも、意欲に満ちたスタッフに囲まれ、大統領や首相に信頼され、スーパースターや、企業の支援も受けて、世界最速の改善をめざすことができる。 国連職員としての私の仕事と生活の楽しさを知ってもらうことで、世界の子どもたちのためにもっと多くの人に力になってもらいたい。 そういう思いでこの本を書くことにした。
10  Naomi Otsubo

空海の人びと

空海の人びと
商品価格:¥1,200
商品説明:30代の日米夫婦が、四国八十八ヶ所遍路道とその奥の院、番外を歩いて3周した思い出をまとめた聖地巡礼日記。「空海とともに歩く」という暗黙の了解のうちに歩く道は、いったい何を見せてくれたのか? 〜〜〜 空海のこともよく知らず トボトボと 霧の中 山の中 雨の中を75日 明暗に ウソと誠が混じり シリアスなのかコミカルなのか 自然なのか 不自然なのか 超ローカルなのか ユニバーサルなのか 全くもって わからない どんどん湧き上がってくる思い出の中で 未来図が 突然 発光したりなんかして つくづく思うことは ただひとつ 「ホントのところ この道で 体験しているものは何なのか?」 終わってみれば ただすれ違う人びとに 「どうぞ お気をつけて」 と微笑みたくなる 〜〜〜 この電子書籍は、横書き版です。
11  板倉聖宣(イタクラキヨノブ)

新哲学入門 楽しく生きるための考え方

新哲学入門 楽しく生きるための考え方
商品価格:¥1,584
商品説明:※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 著者自身が長い間わからずに頭を悩ました問題で,自分で気づいて納得できた事がらのうち,普通の哲学・弁証法・矛盾論・科学論の本などには書かれていない独自の考え方を展開。哲学は,眉間にシワを寄せて語ったり,知識をひけらかすためにあるのではありません。
12  榎本英剛(エノモトヒデタケ)

本当の自分を生きる

本当の自分を生きる
商品価格:¥1,650
商品説明:「自分らしく生きていきたい。でもどうしたらいいのかわからない」というあなたへ。先の見えない現代社会を、人生のいい波に乗って思い通りに歩んでいくには。コーチングの先駆者である著者の実体験に基づく8つのキーメッセージが「本当の自分」へと導く。
13  鷲田小彌太(ワシダコヤタ)

昭和の思想家67人

昭和の思想家67人
商品価格:¥1,400
商品説明:「昭和」が終わり二十年が経とうとしている。その六十余年の歴史には、目まぐるしい思想変遷があった。戦前ー戦後という大きな断絶、六〇年安保、七〇年大学闘争、オイルショック、ポストモダン、バブル経済……。時代意識の転換はいかに起き、作家や学者たちはどのような発言をしたのか。マルクス主義の人間学を樹立しようとした三木清、大衆の肉体主義を批判した丸山真男、大衆の自立こそが変革の出発点だとした吉本隆明をはじめ、芥川龍之介、柳田国男、福田恆存、三島由紀夫など、彼らの功罪を含めて果敢に批評。
14  アダム・スミス(アダムスミス)

国富論(上)

国富論(上)
商品価格:¥2,310
商品説明:『国富論』1776年に出版されたアダム・スミスの『道徳感情論』(講談社学術文庫)とならぶ主要二大著作のひとつです。近代経済学の嚆矢とされ、社会思想史上の最重要古典でもあります。『国富論』の取り扱う主題は、多岐にわたり、 分業の役割、 貨幣の特徴、 労働と利子についての考察、 国家間貿易の意味、 国家社会の発展段階とその特徴、 分業と製造業の発展の関係、 国家における軍隊の維持、 道路、港湾、運河などのインフラストラクチャーの整備と維持、 税金の種類と意味、 会社による独占の問題、 重商主義と重農主義の検討、 公債についての考え方、 などなどです。
15  松崎敏弥(マツザキトシヤ)

毎日読みたい美智子さま〜愛が生まれるおことば81〜

毎日読みたい美智子さま〜愛が生まれるおことば81〜
商品価格:¥880
商品説明:50年以上にわたる皇室記者生活で、「民間侍従」の愛称もある皇室ジャーナリスト・松崎敏弥氏。その膨大な取材記録から選び抜いた、美智子さまの“勇気が出るおことば”が一冊に! 苦悩のなか考え尽くしたうえで生まれた解決策、膨大な読書量と人間観察から生まれたユーモア、愛情あふれる叱咤激励の数々ーー。美智子さまがいつもそばにいる。ページを繰る、心にふれるーー。ご成婚直後に書かれた“美智子さまの恋文”も全文掲載! 。
16  有馬頼底(アリマライテイ)

力を抜いて生きる

力を抜いて生きる
商品価格:¥1,155
商品説明:名僧が説く人生の極意ーー「いい加減」に生きてこそ、ほんとうの「力」が出る! 力みかえる現代人。力みから争いが生まれ、妬みが生まれ、欲望や執着心が生まれる。足ることを知れば、他人と比較することをやめれば、心が満たされる。過ぎ去ったことに悩まず、まだ来ない明日を心配せず、「いま」に徹する生き方こそ人生の極意。 生きる指針を与えてくれる禅の言葉も収録。
17  河合真如(カワイシンニョ)

伊勢神宮の智恵

伊勢神宮の智恵
商品価格:¥990
商品説明:伊勢神宮が伝える日本人の素晴らしき智恵。 「伊勢の深い森のなかに世界で一番古くて新しいものが存在する」。世界的建築家のアントニン・レイモンドは伊勢神宮をこう表現した。パリ市街に匹敵する巨大な森の中に存在する百二十五社の総称である伊勢の神宮。第六十二回式年遷宮の広報室長を務め、神宮禰宜として奉職する著者は、二千年続く自然との「共生循環思想」を「文明のモデルとなりうる智恵とシステムがある」と説く。 <現にパルテノン神殿は廃墟となり、ピラミッドは風化するばかりです。
18  渡辺京二/小川哲生(ワタナベキョウジ,オガワテツオ/ワタナベキョウジ,オガワテツオ)

維新の夢 ──渡辺京二コレクション1 史論

維新の夢 ──渡辺京二コレクション1 史論
商品価格:¥1,430
商品説明:『逝きし世の面影』の著者渡辺京二は、日本近代史の考察に、生活民の意識を対置し、一石を投じてきた思想家である。その眼差しは表層のジャーナリズムが消費する言説の対極にある。本巻には、西欧的な市民社会の論理では割り切ることのできない、大衆の生活意識にわだかまる「ナショナル」なものを追求した「ナショナリズムの暗底」、明治国家への最大の抵抗者としての西郷隆盛を常識的定説から救抜する「逆説としての明治十年戦争」、北一輝と日本近代の基本的逆説の関連を問う「北一輝問題」など、日本近代史を根底から捉え返すことを試みた論考を集成する。
19  フリードリヒ・ニーチェ/村井則夫(ニーチェフリードリヒ,ムライノリオ/ニーチェフリードリヒ,ムライノリオ)

偶像の黄昏

偶像の黄昏
商品価格:¥880
商品説明:ニーチェの最後の著作が流麗で明晰な新訳でよみがえる。近代の偶像を破壊しながら、その思考を決算したニーチェ哲学の究極的な到達であると同時に自身によるニーチェ入門でもある名著。
20  中山逍雀

すずめ双書神社と寺 05秩父巡礼ー前篇

すずめ双書神社と寺 05秩父巡礼ー前篇
商品価格:¥0
商品説明:食物連鎖の頂点に立ったが故の利益と損失、幸福になれるはずの生殺与奪が、却って比較と競争と欲望と恐怖の感情を生んでしまった。この感情は際限なく膨張して、苦悩の元凶となっている。 この感情の一端を取り除く為に宗教が生まれた。佛教もその一つである。 観音礼拝が何故、苦悩を除く事に効果があるのか。各自で考えてみよう。 この本一冊で、秩父巡礼に必要な資料は十二分にあると確信しています。
関連ジャンルから探す
人気キーワードから探す
電子書籍動画

※電子書籍or紙の本※ 記憶したいなら●●の本をオススメしますね【ひろゆき切り抜き/論破】  ひろゆけ【ひろゆき切り抜き】

【必ず得する!】本棚を捨てるべき3つの理由と、おすすめ電子書籍リーダー【貯める編】:(アニメ動画)第126回  両学長 リベラルアーツ大学

第17回 【必ず得する!】本棚を捨てるべき3つの理由と、おすすめ電子書籍リーダー【貯める編】  両学長 リベラルアーツ大学

紙の本 VS 電子書籍、頭に残りやすいのは意外にも…  メンタリスト DaiGo

【岡田斗司夫】電子書籍は紙には絶対勝てない。みんなが言わない電子書籍の最大のデメリット公開します。動画内で立ち読みの極意についても語ります【切り抜き】  岡田斗司夫のきもち【切り抜き】

関連サイト

PAGE TOP