流通(りゅうつう、英語:distribution)とは、もとは仏教で仏典や教えを広めていく「流通分(るずう、るづう・ぶん)」を意味していたが、それが転用されるようになった。学術団体については、1951年4月21日、日本商業学会が慶應義塾大学教授向井鹿松を初代会長として設立された。

流通[ビジネス・経済・就職] 電子書籍の人気ランキング20

1  徐向東(ジョコウトウ)

「爆買い」中国人に売る方法

「爆買い」中国人に売る方法
商品価格:¥1,760
商品説明:日本は、中国人観光客対応では発展途上国! 心理と行動を知れば、もっともっと売れます! 世界中で「爆買い」する1億人の中国人。1週間で20万円、富裕層は200万円の買い物する訪日中国人。いま日本全国で、その旺盛な消費に対応しようと企業や自治体が躍起となっている。しかし、その方法は間違いだらけ。中国人の本音と心に刺さる手法を解説。
2  小野島 大(オノジマ ダイ)

音楽配信はどこへ向かう?

音楽配信はどこへ向かう?
商品価格:¥550
商品説明:雑誌『ミュージックマガジン』の連載「配信おじさん」を電子書籍化! 「CDから配信という音楽業界の遷移を考えると、配信について語ることは、そのまま音楽業界の現状と未来について語ることだった。ぼくの専門は音楽評論であって、ITの専門家ではないし、音楽配信業界に強いコネやニュースソースを持っているわけでもない。ただ、音楽業界の片隅で禄を食む人間として、音楽配信利用者として、なにより一介の音楽愛好家として」(本文まえがきより)2000年代、iPod発売、iTunes音楽配信サービススタート後、音楽の聴き方自体が様変わり、音楽業界のビジネスモデルも変化。
3  横田増生(ヨコタマスオ)

仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン

仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン
商品価格:¥803
商品説明:過酷な現場に潜入労働ルポ! いまや日本最大の成長産業とも言われる宅配ビジネス。ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手三社は日々、どこよりも「速く安く多く」運ぶための苛烈なシェア争いを行っている。だがその一方で、アマゾンをはじめとするネット通販の「即日宅配」まで可能にする宅配業界の現場は、いままでベールに包まれたままだった。そこで著者は、宅配ドライバーの助手に扮し、あるいは物流センターのバイトとして働くという、「潜入労働ルポ」を敢行する。
4  山本 聖(ヤマモトサトシ)

地元で愛され全国区へ 東京で勝てるブランドのつくりかた

地元で愛され全国区へ 東京で勝てるブランドのつくりかた
商品価格:¥1,663
商品説明:“東京”をハブに全国・世界を目指す、絶対負けない地域ブランドのつくりかた いま地域創生や農林水産・中小企業の再生が大きな社会課題になっていますが、 ものづくりや観光資源を活用した「地域ブランド」の創生・商品作りを、 いったいどのように具体的に進めていったらいいのでしょうか? 「ものが売れない」「誰も来てくれない」・・・こんな従来の地域開発が抱える 最大の悩み事を乗り越えるためにどうしたらいいのか、 地域の強みを発見し売れる商品をつくるためのコツが、一冊の本になりました。
5  仲村和代/藤田さつき(ナカムラカズヨ,フジタサツキ/ナカムラカズヨ,フジタサツキ)

大量廃棄社会〜アパレルとコンビニの不都合な真実〜

大量廃棄社会〜アパレルとコンビニの不都合な真実〜
商品価格:¥968
商品説明:「このままじゃだめだよな」。ふと思うことはありませんか? たとえば、一回も袖を通すことなく、洋服を捨てる時。イベントだからと買った恵方巻きやケーキを食べ切れなかった時。新品の服が1年間に何億枚も廃棄されていることを知った時。たくさん作って、たくさん買って、たくさん捨てる。それが当たり前の時代だが、「無駄」のウラには必ず「無駄」が隠れている。朝日新聞記者が、その実情と解決策を徹底リポート。
6  堀新一郎/琴坂将広/井上大智(ホリシンイチロウ,コトサカマサヒロ,イノウエダイチ/ホリシンイチロウ,コトサカマサヒロ,イノウエダイチ/ホリシンイチロウ,コトサカマサヒロ,イノウエダイチ)

STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか

STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか
商品価格:¥2,640
商品説明:◎読者が選ぶビジネス書グランプリ2021(グロービス経営大学院+flier 主催)マネジメント部門 第5位 入賞! 投資家(VC)が起業家から聞き出し、 経営学者と体系化した「成功の原則」を初公開! 17人の起業家たちへの直接インタビューから作成した26のケーススタディを収録。 体系化された「知識」と、生々しい「実践」の往復によって、事業立ち上げの「定石」が見えてくる。 <ロングセラー! 5刷出来> 取材先のスタートアップの中から、「BASE」「ヤプリ」「ビジョナル」が続々上場!(2021年3月時点) 今まで、ゼロから事業を作り出すノウハウは一部のベンチャーキャピタル(VC)と起業家の間でのみ共有されていた。
7  エドワード・ヒュームズ(エドワードヒュームズ)

「移動」の未来

「移動」の未来
商品価格:¥2,420
商品説明:ヒトの動きとモノの流れが、いま、変わりはじめたーー気鋭のピューリッツァー賞ジャーナリストが描く交通(トランス)・(ポーテ)物流(ーション)の「見たくない現実」と「見えてきた希望」。ネットで注文した商品がその日に届く。そんな「当たり前」を実現するために、世界中の交通・物流システムは悲鳴をあげ、崩壊の危機に直面しているーー。気鋭のピューリッツァー賞作家が、誰もが目をそらしたくなるような不都合な事実を詳らかにするとともに、自動運転車やAI(人工知能)、IoTなどに後押しされて始動しつつある「移動革命」の姿を展望する。
8  高田明/木ノ内敏久(タカタアキラ,キノウチトシヒサ/タカタアキラ,キノウチトシヒサ)

90秒にかけた男

90秒にかけた男
商品価格:¥935
商品説明:サッカーJ2 V・ファーレン長崎も再建! 冴え渡る「経営力」の神髄に迫る!! 独特な甲高い声とぬくもりのある九州弁で お茶の間の人気者だったジャパネットたかた創業者の高田明氏。 成功にしがみつかず、あっさりと会社を長男の高田旭人氏に譲り渡した引退劇は、 世間にすがすがしい印象すら与えた。 なぜ、彼はわずか「90秒」にかけたのか。 「1万円以上の商品は売れない」と言われていた通販で、なぜ高額商品が売れるのか ネット通販が全盛の時代に、なぜあえて通販番組を拡大してきたのか 長年の生放送で鍛えられた「伝える」テクニックと 知られざる経営論を語る。
9  田中陽(タナカヨウ)

セブン-イレブン 終わりなき革新

セブン-イレブン 終わりなき革新
商品価格:¥628
商品説明:愚直なまでの革新によってコンビニという業態を築き上げたセブンイレブンはどこまで強いか。商品開発やFCの指導現場、セブン銀行の戦略まで流通記者による書き下ろし。文庫化に際しPB商品開発など最新情勢を加筆。
10  甲斐かおり(カイカオリ)

ほどよい量をつくる

ほどよい量をつくる
商品価格:¥1,760
商品説明:大量生産・大量消費による食品ロスや環境負荷など、その弊害が叫ばれて久しいですが、「ではどうすればちょうどよい量をつくれるのか」に対する明確な回答はありません。成長のためにはとにかく多くつくって多く売ることが当たり前という風潮のなかで、あえて生産を抑えることへの抵抗もあり、そもそも「ほどよい生産量」を決めることは覚悟が必要です。そんななか、従来とは違う「つくりすぎない」取り組みをして成長している企業もあります。
11  齊藤孝浩(サイトウタカヒロ)

ユニクロ対ZARA

ユニクロ対ZARA
商品価格:¥880
商品説明:なぜ「アパレル不況」と呼ばれる中でも、ユニクロとZARAは売上をのばすのか? 世界一のファッションチェーンを目指すユニクロと王座に君臨するZARA。 巨大アパレル2社の強さの秘密を徹底解剖! ◆本書は、2014年11月に刊行された「ユニクロ対ZARA」を文庫化にあたり加筆・改訂したものです。単行本発売当時から現在に至るまでのユニクロやZARAの戦略の変化など、両社の最近の動向や他のファストファッションの最新事情も盛り込みます。
12 

前人未踏の楽天「全解明」

前人未踏の楽天「全解明」
商品価格:¥220
商品説明: ネット通販の登場で「買い物のあり方が根本から変わった」と言っても過言ではない。IT活用のマーケティング理論を駆使し、新たな買い物市場を創出している。 とくに日本最大のインターネットショッピングモールである楽天は、1997年5月に13だった店舗数が、現在は4万を超す規模にまで成長。さらに約40の多様なサービスも抱えた「楽天経済圏」を介する、世界でも例のないモデルだ。 楽天といえば様々なポイント施策が有名だが、成長の理由はそれだけではない。
13  多田夏代(タダナツヨ)

今と未来がわかる 工場

今と未来がわかる 工場
商品価格:¥1,683
商品説明:※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 日本経済を支える製造業。少子高齢化、国際化の未来に向けて、企業が生き残るためには改善は必須で、工場も例外ではありません。本書では製造業の現状から世界との比較、工場の基本とその評価、部門別の役割と改善視点、一から工場をつくる方法などを、事例を交え、ビジュアルでわかりやすく解説します。
14 

リアル店舗の逆襲

リアル店舗の逆襲
商品価格:¥1,980
商品説明:人工知能(AI)活用で流通業の地殻変動が始まった! 先端事例を通してAI活用の実像と戦略に迫る 米アマゾン・ドット・コムを筆頭に、国内外のEC企業が、 垣根を越えてリアル店舗を持つ流通・小売業界に侵攻し始めた。 それに対抗し、日本企業は人工知能(AI)を活用して逆襲を開始した。 主導権を握るのは地場企業だ。 その主役が、新店舗「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」に 700台のAIカメラを導入したトライアルホールディングス(福岡市)、 地域の課題をAIで解決するAIアプリを開発すると共に、店舗のAI活用を 加速させているサツドラホールディングス(札幌市)である。
15 

生き残るスーパー・コンビニはどこだ!

生き残るスーパー・コンビニはどこだ!
商品価格:¥220
商品説明: 少子高齢化、単身世帯の増加、そして増税。いま小売業をめぐる環境が激変している。この難局をどう乗り切るのか。 セブン-イレブンは「第2の創業」を掲げ、オムニチャネルを推進している。ローソンは首位セブンとの差を埋めるべく「イノベーションラボ」を立ち上げ、商品開発に熱心だ。 一方、イオンに買収されたダイエーは長年しみついた赤字体質から抜け出せない。 スーパー・コンビニ業界の新たな勝者は誰だ! 本誌は『週刊東洋経済』2014年4月26日号第1特集の22ページ分を抜粋して電子化したものです。
16  中谷祐治(ナカタニユウジ)

基本がわかる実践できる物流(ロジスティクス)の基本教科書

基本がわかる実践できる物流(ロジスティクス)の基本教科書
商品価格:¥1,584
商品説明:図解&事例。企業経営に貢献する物流の知識&手法。人手不足・SDGs時代への物流対応。ロジスティクス戦略の立案と推進。物流管理とKPI。物流改革・改善・コストダウンの進め方。強い物流の実現と先端技術の導入。 もともとロジスティクスは「縁の下の力持ち「」3K職場」の筆頭として、脚光を浴びにくい立場にありましたが、近年、ECの進展とトラックドライバー不足などに代表されるように、物流の停滞・コストアップ・顧客ニーズと物流サービスとのトレードオフなとか社会問題として大きく取りあけられています。
17  緒方知行/田口香世(オガタトモユキ,タグチカヨ/オガタトモユキ,タグチカヨ)

セブンプレミアム進化論

セブンプレミアム進化論
商品価格:¥1,500
商品説明:小売りが企画するプライベートブランド(PB)商品が売れている。なかでも、「低価格」ではなく「高品質」を訴求するセブンプレミアムが急激な勢いで伸びている。ほかのPBとは何が違うのか。流通ジャーナリストが強さの秘密を解き明かす!
18 

フランチャイズ 天国と地獄

フランチャイズ 天国と地獄
商品価格:¥440
商品説明:個人消費が伸び悩む中、右肩上がりを続けるのがフランチャイズチェーン(FC)市場だ。現在、日本のFC市場の規模は約25兆円。コンビニを中心に中古品売買、幼児教室、家事代行…。時代のニーズに合わせたFCが続々登場している。融資条件の緩和など個人オーナーには追い風もあるが、境遇は天国にも地獄にも容易に転じる。身近な割に知られることが少ないFC市場の最前線を徹底取材した。 本書は『週刊東洋経済』2017年4月15日号掲載の特集39ページ分を電子化したものです。
20 

関西スーパー争奪 ドキュメント 混迷の200日

関西スーパー争奪 ドキュメント 混迷の200日
商品価格:¥1,760
商品説明:「スーパーの教科書」と呼ばれた関西スーパーを巡り、阪急阪神百貨店を展開する関西地盤の「エイチ・ツー・オー リテイリング」(H2O)と、関東圏のディスカウント大手「オーケー」は熾烈な争奪戦を繰り広げた。 「関西スーパー争奪戦」として産業界の注目を集めたこの問題は、なぜ混迷を極め、司法判断は揺れたのか。H2Oとオーケーの思惑、争奪戦の教訓、そして「関西フードマーケット」として再出発を遂げた関西最大級のスーパー連合の新たな戦略とは? 争点となった総会での未公開のやりとり、各社長への単独インタビューなども収録。
関連ジャンルから探す
人気キーワードから探す
電子書籍動画

KindleとKoboどっちがいいの?【電子書籍サービス/リーダー端末比較】  Rebecca Miyama / ミヤマレベッカ

【必ず得する!】本棚を捨てるべき3つの理由と、おすすめ電子書籍リーダー【貯める編】:(アニメ動画)第126回  両学長 リベラルアーツ大学

※電子書籍or紙の本※ 記憶したいなら●●の本をオススメしますね【ひろゆき切り抜き/論破】  ひろゆけ【ひろゆき切り抜き】

iPad mini 6 を電子書籍リーダーとして使って感じた、Kindle Oasis / Paperwhiteとの比較レビュー  MiD'S LIFE

【どうなるか分かってないでしょ?】電子書籍を安くする→書店が日本中から消える→?→貧富の差が固定化される【電子書籍/本/岡田斗司夫/切り抜き/サイコパスおじさん】  サイコパスおじさん【岡田斗司夫 切り抜き】

関連サイト

PAGE TOP